福祉ハウスふわふわのblog

地域活動支援センター福祉ハウスふわふわ

カテゴリ: ふわふわについて

地域活動支援センター福祉ハウスふわふわは先週の土曜日に精神保健福祉フェスタに参加しました。

内容は各福祉団体による品物の販売、市民サークルフラップダッシュの合唱、統合失調症プロピアニストの横島若騎氏による講演、バンドthe village papas による演奏、東海大学付属望洋高校吹奏楽部による演奏
、精神科医 原広一郎氏による講演でした。私は楽しんで参加できました。品物の販売もうまくいったし、ホールでの催し物も楽しかったです。


今回、商品の販売では、初めて絵はがきを販売したり、なべ敷きや、毛糸で作った人形やその他大勢の商品を販売しました。絵はがきは今後ネット販売もしていこうと考えています。その際は応援して頂けるとうれしいです。
P9130005[1]
絵はがき
P9080495[1]

ふわふわのメンバーも参加している市民サークルフラップダッシュの合唱
P9130016[1]

横島若騎氏の演奏
P9130026[1]

望洋高校吹奏楽部による演奏
P9130030[1]

最近ふわふわでは、べてるの家の理念を取り入れようとしていまして、べてるの家の当事者研究を取り入れようとしています。
P9090001[1]

 
また、地域活動支援センターから作業所B型への変更をしようと色々と模索しています。
詳細は決まっていませんがサークル経営なども取り入れようと考えています。
 P9080500[1]
P9080499[1]
今後のふわふわが楽しみです。

福祉ハウスふわふわで週1くらいで近くの体育館でスポーツをしています。
今日はバトミントン、卓球、バスケット、ソフトバレーをしました。
 DSC_0367
DSC_0371

福祉ハウスふわふわでは毎週木曜日ポスティング作業をしています。
最近暑さがやわらいで配りやすくなりました。

下の写真はお配りさせて頂いてる新聞です。
 P9040492[1]

地域活動支援センター福祉ハウスふわふわは精神障がい者の地域生活を支援するための作業所、地域活動支援センターです。

設置はは全身麻痺に至る難病ALS(筋委縮側索硬化症)発症の船後靖彦(ふなご やすひこ)が平成14年頃より、ハンディを持つ人のために何かしたいと思ったことがきっかけで有志が集まり、地域生活を支援する会ふわふわを作りまして、平成22年特定非営利活動法人ゆうに移行しました。

運営は特定非営利活動法人 "ゆう"です。

入所条件は、千葉県市原市に居住している人、主治医の許可が得られてるいる人、入所判定委員会の許可が得られている人です。 

活動日は月、火、木、金です。 

一日のスケジュール
9:30~10:30 作業準備、ミーティング
10:30~12:00 作業、プログラム
12:00~13:00 昼食
13:00~14:30 作業、プログラム
14:30~15:00 ミーティング
15:00~15:30 清掃

作業内容は自転車のリメイク、リペア、小型家電、その他の解体、ポスティング、手工芸作り、食事つくり、生活向上のための勉強会、お財布の内職などです。

その他の活動として、スポーツ、料理、レクリエーション、研修、行事参加などがあります。  

連絡先は以下です。
住所:千葉県 市原市 八幡 1010-2(センター)
郵便番号:290-0062
電話/FAX:0436-63-5628
E-mail:f2goi@ybb.ne.jp

住所:千葉県 市原市 八幡 959(ショップ)
郵便番号:290-0062
電話/FAX:0436-41-2811
 
P5240182
P9010466[1]
P9010489[1]

このページのトップヘ